モザンビークの農家が来道します

アフリカ農業を支援するという大義名分のもと、日本の国際協力機構(JICA)がモザンビークで「プロサバンナ事業」というものを進めようとしています。
これは、日本の財閥が融資し、JICAの技術協力によってブラジルの広大な森林帯を破壊して行われた「セラード開発」を手本とした事業です。

アフリカでは世界的に食糧価格が高騰した07年以来、外資による激しい土地争奪が行われてきましたが、最近になり、土地と水が豊富なモザンビークにて「プロサバンナ事業」として日本の融資のもとブラジルの企業が、日本の総農地面積の3倍もの農地を安価に借りて、大豆などの作物を大規模に栽培し日本に輸出しようとしています。当該の土地には何万人ものモザンビークの市民が暮らしているにもかかわらず、モザンビーク政府も積極的にこの事業を推進しているということです。

私たちは次のようなことを懸念しています。
・モザンビークの市民の土地が奪われ、暮らしが破壊されること
・モザンビークの環境が破壊されること
・安価な食糧が保証されることで、日本政府がTPP参加により積極的になること
仮にモザンビークの市民が隆起するような事態が発生した場合、食糧安保に絡んで、憲法改正と合わせて自衛隊の出動を許してしまうこともあり得ないことではないように思います。
このような実態を私たち市民が知り、正しい理解のもと明確な発言をすること、そして日本でもモザンビークでも市民が連帯して地域の文化や経済を作り上げていくことが大切だと感じます。

この度、急な企画ですが、モザンビークのNGO組織から、2人の農民の方々が日本にいらっしゃり、現状を伝えてくださることになりました。
日程を調整して、札幌にも来てくださることになっています。

【北海道】北海道大学でのセミナー&記者会見
「北海道の農民と共に考えるグローバル農業投資、土地争奪と日本の援助~モザンビーク最大の農民組織は何故抗議声明を出したのか?」
○日時:2月26日(火)10時~12時(*記者会見 11時半~12時)
○場所:北海道大学農学部3階S 31教室 (札幌市北区北9条西9丁目)
○発話者:
・モデレーター:高橋一(酪農学園大学 教授)
・報告者:アウグスト・マフィゴ(モザンビーク全国農民組織UNAC 代表)

     ヴィセンテ・アドリアーノ(モザンビーク全国農民組織UNAC アドボカシーオフィサー)

○主催:TPPを考える市民の会
○協力:モザンビーク開発を考える市民の会
○参加:申込み予約不要・直接お越しください。参加費無料
○使用言語:英語&日本語での逐次通訳あり
○お問い合わせ:荒谷明子(090-1523-2521)/Ray Epp (080-4659-3575)

詳しいことについては、以下のプレスリリース資料をご覧ください。

プレスリリースはこちら

幸せの経済学を語ろう

ローカリゼーションについて興味を持ち、もっと理解を深めたいという方のために、ヘレナ=ノーバーク=ホッジ監督の短編作品「懐かしい未来」上映会とワークショップを2月23日(土)コープさっぽろ12条店で実施します。ぜひご参加ください。

チラシはこちら