TPP

日本政府は、TPP(環太平洋経済連携協定)参加に向けて交渉参加を表明しました。 低迷する経済に風穴をあけるチャンスとも期待される一方で、国を根底から揺るがす一大事だという捉え方があり、賛否両論が分かれています。しかし、どちらの立場にしても推測の域を出ず、TPPの本質はよく分からないというのが多くの声ではないでしょうか。

行く先の分からないミステリーバスに身をゆだねるのではなく、しっかりと先を見据えた上で、責任を持って選択するために、食と農を取り巻く政治・社会構造の仕組み、世界各地で展開されている実践を具体的に学びながら、私たちは、地域でどのように取り組んでいけば良いのか、実践の可能性を考えたいと思います。